一般研究助成事業


(事業内容について)

 失明原因の解明及び失明の予防並びにウイルス眼炎、その他の眼感染症の予防及び治療の調査研究に対する助成について募集を行い、申請のあった研究課題等を審査・決定し、平成元年度から毎年(12件)研究助成を実施しております。今後も継続していくこととしております。

〈過去5年間の実績〉

年 度

研 究 課 題 等

交 付 額

 平成28年度

ハイブリッド型ロドプシンを用いた網膜変性疾患の

予防効果 

(慶応大学:栗原 俊英)

100万円

 平成27年度

網膜神経節細胞に対する遺伝子治療法の開発

(東北大学:西口 康二)

  100万円

 平成26年度

・網膜視細胞の発生と維持を制御する蛋白質分解機構の解析

(大阪大学:古川 貴久)

・難治性眼疾患に対する病態解明及び新規神経保護治療法の開発

(京都大学:池田 華子)

  100万円

 

  

  100万円

 平成25年度

・高分子ナノ薄膜を用いる細胞デリバリー療法の

 開発

(東北大学:梶 弘和)

・次世代視野測定アルゴリズムの開発

(東京大学:朝岡 亮)

  100万円

 

 

  100万円

         

留学研究助成事業

事業内容について

 国際協力の一環として海外からの留学研究者助成事業を毎年実施しております。

 海外からの留学研究者助成事業は、平成6年度から実施し、外国(主として東南アジア地域諸国)から日本に短期留学(3ヶ月以上1年未満滞在)を希望する若手研究者(40歳未満)に対して研究助成を行っております。

 主に外国に留学経験のある眼科の諸先生方のご賛同をいただき寄附金 平成28年度60万円 を受領いたしました。ご協力に感謝いたします。

 なお、本助成事業は、今後も継続してまいりますので、皆様のご理解とご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

  

 〈過去5年間の実績〉

年 度

研究者名

交付額

平成28年度

Dr.Gao Jing-yi(中国)

100万円

平成27年度

Dr.Ratu Puri Paramita Sastradiwirja(インドネシア)

100万円

平成26年度

応募者なし

-

平成25年度

Dr.Suntaree Thitiwichienlert(タイ王国)

100万円

 

Dr.Jin Kai(靳 楷・中国)

100万円

平成24年度

Dr.Maula Rifada(インドネシア)

100万円